loader image

井澤由美子の「心に効く薬膳レシピ」③

theme  :


ストレス解消に効果的 「グレープフルーツとアボカドのサラダ」


「心に通ずるものは胃を通る」をモットーに、
毎日の食事で心身の健やかさを保つレシピを提案している井澤さん。
薬膳では五臓(肝・心・脾・肺・腎という体の5つの働き)に対応する感情があると考え、
五臓それぞれを労わる食材を食べることで、心の健康にも役立つと考えます。
春はデトックスを促し、ストレスを受け止める「肝(かん)」の季節です。
「肝」の働きを助けてくれるもののひとつが「香りがいい食材」。
瑞々しい柑橘類はその代表選手です。
心もパッと明るくしてくれるようなグレープフルーツで、手軽なサラダを教わりました。

Photo: Kohei Yamamoto
Text : Noriko Tanaka
Edit : Ayumi Sakai
< 五行相関図 >

Key 食材 グレープフルーツ

春は五臓(体の5つの働き)のうち、デトックスを促し、ストレスを受け止める「肝(かん)」の季節と言われていま す。「肝」の機能を高めると、「気」や「血」の流れがスムーズになり、全身にのびやかにエネルギーが行き渡り、精神 的にも安定した状態が保てます。そんな「肝」の働きを助けてくれるもののひとつに「香りがいい食材」がありま す。香りがこの「巡り」を助けてくれるのですが、瑞々しい柑橘類はその代表選手。心もパッと明るくしてくれるよ うなグレープフルーツは、ストレス解消にうってつけの素材です。


RECIPE

ストレス解消に効果的
「グレープフルーツとアボカドのサラダ」

「気」が滞ることを中医学では「気滞(きたい)」と呼ぶのですが、爽やかなグレープフルーツは、気滞解消の特効薬。気持ちも上がり、イライラを解消してくれる心強い食材です。栄養価の高さで知られるアボカドは、抗酸化作用が強く老化を防ぐ若返りのビタミンEがたっぷり。腸を整える塩麹も加えて、しっかり消化吸収しましょう。

材料(2人分)
グレープフルーツ…1個
アボカド…2個
塩麹…小さじ1強
粗びき黒こしょう…適量

Previous slide
Next slide
作り方
  1. アボカドは切り込みを入れて半分に割り、種を取り出す。 皮をむいて食べやすく切り、ボウルに入れる。
  2. グレープフルーツは皮ごと水でよく洗い、水気を拭く。上下を落として皮をむき、 果肉に沿って切り込みを入れ、1房ずつ果肉を取り出し、アボカドと混ぜる。
  3. 塩麹を加え、さっと混ぜる。器に盛り、こしょうをふる。

POINT

グレープフルーツの果肉をはがすとき、
アボカドを入れたボウルの上で行うと
下に果汁が落ちてもれなく活用できるし、
アボカドの変色防止にもなります。

Have a try !

「イライラには、香りのいい食材を」と覚えておくと、いろんな場面で応用可能。
香りで気を巡らせることができれば、気持ちも切り替わります。
profile:
share:

RECOMMENDED