loader image
 

月のパワーをポジティブに受け取り、心が軽くなる過ごし方を、
インド占星術師ARAKIがアドバイス。

[ 時期 ]
6月22日(土)満月
~ 7月5日(金)
 

[ 射手座の満月 ]
矛盾を受け入れバランスをとることで
真意に出会える満月に

 この日の満月は、精神的な探究心が強まり、ひとりになりたい、心の内側と向き合いたいという気持ちが強まります。その一方で、お金や物質的なもの・世俗的欲求も高まり、相反する二つの気持ちが交錯する日となるでしょう。

たとえば、「いろいろなものを手放して田舎で静かに暮らしたい」という自分もいれば、「いま与えられている仕事の責任を果たし、きちんとお金を稼ぎたい」という二つの気持ちの間で葛藤したり。

静かになりたい自分と、忙しく活発になりたい自分。パラドキシカル(逆説的)な気持ちが同時に心の中に起こりますが、混乱せずにその矛盾を受け入れましょう。

二つの相反する気持ちはどちらも大切です。どちらか一方に偏るのではなく、自分の中でのバランスを保ち、喜びを見出すことをこの満月では意識しましょう。矛盾と対峙し、バランスをとることによって、ベストバランス・真意を見出していくのです。

伝統的な手仕事が、革新的なデザインによって相乗効果が生まれ、新たな価値が生まれることがあります。対極にいる人が交わることで化学反応が起こり、価値ある発明が誕生することもあります。「この人とは絶対合わない」という人と仕事をすることによって、今までにない成果を上げることもあるでしょう。

この世界は、相反するモノ・コトの存在によって、人智を越えた奇跡が起こります。6月22日の満月のタイミングで、違う領域のことにチャレンジしたり、価値観が違うと思う人との交わりも寛容に受け入れてみてください。絶妙なバランスのとれた、本質をついた真意に出会えるかもしれません。

Lucky Action !
  • 矛盾を受け入れ、包容する。
  • 違う領域・価値観に触れる。
  • 二者択一・白黒思想を手放す。
インド占星術
(Jyotish・ジョーティッシュ) とは?
宇宙の根本原理を解く学問・ヴェーダの一部として、5000 年以上前に古代インドでまとめられた天文学の大元。ヴェーダの数学的分析によって、星や惑星が自分自身にどのように影響するかを分析する知識です。「自然や宇宙を構成する生命エネルギーは人の構成要素と同じもので、宇宙から生まれたエネルギーに私たちは操られている」というのが、ジョーティッシュの根底にある思想。出生時の天体や月の配置を読み解くことで、人生に起こり得ることを詳細に見ることができます。「AWAI LIFE」 の連載では、すべての人に当てはまる一般的なアドバイスをお伝えしていきます。
profile: